とりうみトラベログ

YouTubeチャンネル「とりうみトラベル」の補足情報ブログです。旅行の行程、使用する撮影機材も含めて記事にしていきます。

いつもと違った沼津を補完する無茶な小旅行[過酷!快活CLUBオープンシート宿泊 編] ~とりうみトラベル July 2019~

kaikatsu club

こんばんは。とりうみです。前回記事では三島エクスプレス、ラブライブ!サンシャイン!!ラッピングバスに乗って三島駅まで行き、そこからいつもの沼津に来ました。次はまあとりあえず宿泊しようとするところなのですが…。

1. 沼津駅 → さわやか沼津学園通り店(入店せず)  徒歩30分

2019年7月14日 21時50分頃 沼津駅北付近

plazaverde

夜真っ暗な道を徒歩数十分、もはや私の旅としては恒例行事となりました。私の持っているカメラがコンデジかアクションカムなので、夜間撮影には向かず撮れ高が無いのが残念です。とりあえず快活CLUBのアプリで沼津店の空き状況を調べると、今日は3連休の2日目ですが鍵付き個室もなんとか空室がある状況のようですので、ぼちぼち向かう事にします。その前にせっかくなのでさわやかに寄っていきます。

ラストオーダー前ギリギリの時間だったのでパス

sawayaka

22時12分 さわやか沼津学園通り店の前

ラストオーダーが22時30分、閉店時間が23時です。ラストオーダーギリギリですし、また来れますので今回はパスしようと思いました。しかしパスしたのは結果的に失敗でした。さわやかで再び食事ができるのは1か月後(なんと浜松市にて)となります。

さわやか沼津学園通り店から快活CLUB沼津店は徒歩10分程度、私基準ではほぼ真横近所ですので颯爽と向かう事にしました。道中、何気なく快活CLUBのアプリで空室状況を調べたところ、燦々と × の記号が輝いておりました。

2. 快活CLUB沼津店

www.kaikatsu.jp

22時20分

kaikatsu club

kaikatsu club

暗闇の中で見つけたひと際明るいオアシスですが、今日に限っては私に休息の時間を与えては貰えない雰囲気が漂って参りました。受付に行きましたが、当然個室は空いておりませんでした。仕方がありません。オープンシートで一晩明かさせていただこうと思います。でも一度オープンシート宿泊をやってみたかったというのは内緒です。ただ、もうちょっと早く個室の空きが無いと知ることができたなら、もしくは潔くオープンシート宿泊をしようと覚悟を決められていたならば、さわやかでの食事をしっかり堪能できたことでしょう。戻ってもラストオーダー時間過ぎますのでこれは悔やまれます。

3. 快活CLUBオープンシート宿泊!

7月14日 22時30分

kaikatsu club

快活CLUB沼津店にはオープンシートが多めで20席近くあり、既に10人くらいの人がオープンシートで漫画を読んだりされていました。さすがにその方々にカメラを向けるようなことはしません。私はとりあえず壁際の席に座り、ドリンクやソフトクリームを楽しむことにしました。

kaikatsu club

スマホやアクションカムバッテリーの充電、今回の旅の予定の再確認などしつつ過ごします。他の人の様子を見たところ、個室が空いたらオープンシートから個室に移動する対応をされていた方も居た様です。しかし私はオープンシートで一夜を明かします。

kaikatsu club

7月15日 0時~1時

快活CLUB沼津店は「シャワー無料・タオル使い放題」店舗です。オープンシート利用者もシャワーを利用することができます。ただオープンシートから離れる際は貴重品などはシャワー室に一緒に持って行くか、受付横の無料ロッカーに一時的に預けておくかする必要はあるでしょう。

kaikatsu club

シャワーと歯磨き(歯ブラシは持参)も済ませましたのでそろそろ寝ようと思います。わざわざアイマスク・ネックピロー・耳栓を用意していた人は他に居なかったようです。ここまで用意したら少しは快眠できるでしょうか…。

1時~4時 寝て覚めての繰り返し

耳栓をしたところで完全に遮音できるわけでもなく、入店チャイムやヒーリングミュージックがそこそこ聞こえます。他にも、私の居る席の近くにあるソフトクリームの機械の「ブーン」という音もします。これは自動殺菌の音です。2~3時間は「ブーン」と鳴り続けると思います。

アイマスクで十分に光は遮ることができます。ネックピローがあるのは少しマシです。私にとっては椅子、一人掛けで固めのソファーで座って寝るのは難しかったです。やはりしっかり寝るためには横になっておきたいですね。

kaikatsu club

オープンシート宿泊者を撮るわけにはいきませんので天井を撮りました。

kaikatsu club

私の座った壁際の席の天井照明です。

4時 これ以上寝るのを諦めました

kaikatsu club

kaikatsu club

これ以上ここで寝るのは難しそうです。今後はフルフラット個室で体を休めるようにしたいと思いましたが、この1か月後にマッサージシート宿泊をやってしまいました。結論はフルフラットが最高、です。

4. せっかくなので快活CLUB沼津店を探索

公式ページの方でGoogleMapインドアビューのリンクが貼ってあり、そこで店内の様子を見る事ができますが、まあせっかくなので夜明け前で人の動きが少ないうちに店内を撮り回ってみました。

2階の様子

kaikatsu club

kaikatsu club

kaikatsu club

kaikatsu club

kaikatsu club夜明け前です。

kaikatsu club

2階シャワールーム

kaikatsu club

kaikatsu club

kaikatsu club

kaikatsu club

リンスインシャンプーとボディソープは備え付けです。

kaikatsu club

女性用シャワールームもあります。店によっては女性専用エリアを設けてある所もあるようです。

5. 無料モーニングそしてお会計

朝6時過ぎより提供される無料のモーニング(パンとポテト)をいただきまして、まもなく滞在8時間となりますので精算しました。無料モーニングについては以前の記事をご覧ください。

www.toriumitravel.com

kaikatsu club

7月15日 朝6時20分ごろ

滞在時間7時間56分、オープンシートのナイト8時間パックで料金は1,149円(933円+土日祝日追加料金216円)です。同じ条件での鍵付き個室の料金は2,032円です。椅子で寝る事になりプライバシーが無い状況ではありますが、ドリンク飲み放題でソフトクリームも食べられひと晩過ごしてこの料金はどうでしょうか。一度やってみたかったオープンシート宿泊ですが、とりあえず私は横になって寝たかったですね。

6. 私が快活CLUB沼津店から沼津港に向かうために主に使う方法

私のトラベログを日ごろから見てくださっている方ならもうお分かりかと思いますが、私の主な移動手段は徒歩です。

最短ルートでも4.8km、徒歩で1時間はかかります。今回は静岡県道162号線(リコー通り)を経由して沼津港まで向かいます。

to numazu port

riko- street

agetsuchi

途中から雨が降ってきて、あげつち商店街付近になると雨が強まってきました。これはヨハネの加護です。寝不足感や雨風と戦いつつ、徒歩1時間歩きました。

to numazu port

numazu port

numazu minato shinsenkan

7時27分、沼津みなと新鮮館に到着です。私は沼津に来ると、ついつい吸い寄せられるようにここに来てしまいます。

次回記事では恒例の丸勘さんにお邪魔します。私にとって初めての土日祝日来訪となります。今回も最後までありがとうございました。