とりうみトラベログ

YouTubeチャンネル「とりうみトラベル」の補足情報ブログです。旅行の行程、使用する撮影機材も含めて記事にしていきます。

24時間耐久沼津弾丸旅行「実行編」後編 ~とりうみトラベル Mar. 2019~

totuzennoraiu

こんにちは。とりうみです。24時間耐久沼津弾丸旅行も、沼津に滞在できるのは残り3時間となりました。中編の続きです。

10. みとしー前で伊豆長岡駅行きのバスを待つついでに三津浜

3月7日 木曜日 12時40分 沼津脱出のバスまであと3時間10分

三の浦総合案内所で国木田花丸生誕祭の飾りも見ましたし、期間限定のまちあるきスタンプも回収しましたので滞在数分で次に向かいます。

mitosi-

次は、伊豆・三津シーパラダイス前から伊豆長岡駅までのバスに乗ります。ラッピングバスを狙ってみたかったのですが、時間が合いませんでしたし、前回(1月)乗りましたので今回は普通の伊豆箱根バスです。

yasudayaryokan

mitohama

数分時間がありましたので、安田屋旅館と三津浜を眺めます。この時は雨はほぼ降っていませんでした。あくまでもこの時だけの話です。

sunahama

誰かが砂浜に「Aqours」と書いているようでした。ラブライブ!サンシャイン!!では恒例の、定番の演出です。しかしこの字、定規で書いたかのように凄くキレイに書かれていますが、どうやって書いたんでしょうか。

toizunaaoka

バスの時間になりましたので、内浦を離れます。

11. HAPPY PARTY TRAINでGO!

3月7日 13時20分 伊豆の国市 沼津脱出のバスまであと2時間30分

izunagaokakaisatu

izunagaokaexit

伊豆長岡駅です。雨が降っていましたのでさっさと駅の中に入りました。

10yen

切符を買ったらキラキラした10円玉が出てきました。「平成三十一年」硬貨は「昭和六十四年」硬貨と同様にそこまで発行枚数が少ない硬貨ではありませんが、あと2か月足らずで元号が変わり「○○元年」となる事をなんとも感慨深く思いました。

 

そして唐突に(定時で)電車は来ます。

hpt

HAPPY PARTY TRAIN」号です。なんか凄い電車が来たと圧倒されました。想いを乗せ迷わず乗って三島駅に向かいます。

 

3月7日 13時50分 三島市 沼津脱出のバスまであと2時間

misimahpt

三島駅に到着し、

misimaotr

Over The Rainbow」号にも会えました。写真の枚数がかなり多くなりますので一連の出来事を含めて別記事にさせていただきます。

otr

 

蛇足ですが、三島駅の改札に私のスマホをタッチして入り、これが私のモバイルSuicaデビューとなりました(JR東海管内)

12. ヌーマーズに寄ってすぐヨハネの加護を受ける

3月7日 14時40分 沼津脱出のバスまであと1時間10分

三島駅で念願のラッピング電車に乗車、撮影ができましたので沼津に戻ります。沼津駅に着くとなんか雨が降り出してきましたので駅前地下通路やアーケードを通りつつ

nu-ma-zu

ゲーマーズ沼津店ヌーマーズに寄ります。帰りのバスまで残り1時間、仲見世商店街のマンホール蓋の撮影と沼津まちあるきスタンプを2か所(遠藤新聞舗THE BLUE WATER)回収すれば、とりあえず予定はこなせたことになります。しかしここで、

ooame

必殺奥義ヨハネの加護が発動しました(雨が本降りになりました)。土砂降りに雷鳴もしっかり聞こえます。最後の最後で妙な試練が私を襲いました。この土砂降りの中歩くんですか…歩くしかないんですけど。

Aqours2年生版マンホール蓋

大雨に何とか耐えつつ移動し、仲見世商店街のアーケードまで来ればひとまず雨は凌げます。気を取り直してAqours2年生版マンホール蓋を撮影します。ラブライブ!サンシャイン!!マンホール蓋については以前の記事で紹介しています。

chika

chikatti

riko

rikoppi-

you

yousoro-

あとは6月以降またここに来ます。

13. ヨハネの加護も鎮まり、帰りもラッピングバス

3月7日 15時 沼津脱出のバスまであと50分

滝のような雨ですが、覚悟を決めて仲見世商店街・新仲見世商店街を抜けてTHE BLUE WATERまで向かいます。凄い雨の中動画も写真も撮れませんでしたが、

tuji

つじ写真館前で雨が急に弱まりました。これは花丸さん4thシングルセンターポジション総選挙1位の加護か…。結果的に20分ほどの通り雨ということだったのでしょうけど、時間も少ないのですぐ移動して沼津駅まで戻りたいと思います。

bluewater

yabacoffee

今回は時間が無かったのでTHE BLUE WATERやば珈琲店のメニューを味わうのは次の機会にぜひ…。あとGrandmaの堕天使のショコラも…。

 

3月7日 15時20分 沼津脱出のバスまであと30分

bluesky

あの大雨はなんだったのかと思いますが雲間に青空が見えました。

numadustation

ラスボス沼津駅です。いつも威厳あるように見えます。帰る前に沼津駅の売店で買うものがあります。

noppo

のっぽパンおいしいずら~(もぐもぐ)

www.banderole.co.jp

帰りのバスに乗り込むときにNoppoのオレンジ色の袋を持っていた人がそこそこ居ましたので、ある意味恒例の儀式行動でしょう。花丸さん推しならなおさら必須という事ができます。

 

そして15時45分 沼津脱出のバスまであと5分

lastbus

満を持しての登場となります。

lastbusside

帰りのラッピングバスです。ずらぁ…(驚嘆)

lastbusrear

lastbusside2

これで東京駅まで帰るんですね…。なんというかこちらも圧倒されます。

busstart

バスの乗車もできましたので、東京駅に戻れれば24時間耐久沼津弾丸旅行完遂となります。

14. 24時間(25時間10分)耐久旅行完遂

3月7日 16時 東京駅出発から22時間経過

riko-street

のっぽパンを食べつつおいしいずら~沼津を後にします。途中で再び雨が強くなってきたようでした。

 

asigarasa

足柄SAで10分の休憩です(大雨のため写真ピンボケ)。そしてもう一度ラッピングバスを撮影してみます。(雨中)

まあ後は帰るだけなのですが、疲れた私の頭にはちょっと衝撃のアナウンスが入ります。

冷静になればわかることなのですが、前編で書いた通り通勤ラッシュにさしかかる時間なのに定刻(2時間)で東京駅まで戻るのは難しいという事ですね。まあ急いで帰る必要もありませんので気長に過ごしましょう。

 

3月7日 19時10分 東京駅出発から25時間10分経過

無事、24時間25時間10分耐久沼津弾丸旅行完遂です。いやはやもの凄い密度の濃い24時間25時間10分を楽しめたと思います。2~3日旅行した気分になりますね。

tokyostation

本当にこのラッピングバスで東京に降り立っちゃった感。

otukaresamadesita

改めて、お疲れさまでした。

出発直前は「なんで仕事帰りに沼津行くんだろう」と呆れつつ何度も自問自答しましたが、今では仕事終わってすぐ移動するのは案外有意義な時間の使い方ではないかと思います。充実した24時間を過ごせたのは間違いありません。

 

今回のトラベログは以上となります。最後までありがとうございました。

あとは沼津まちあるきスタンプの記事ラッピングトレインの記事丸勘さんの記事、に続きます。